インスタントコーヒーの楽しみ方HOW TO ENJOY COFFEE

いつでもどこでも・あの人流

自分好みの濃さで楽しむインスタントコーヒー執筆活動を支える目覚めの1杯

自分好みの濃さで楽しむインスタントコーヒー
執筆活動を支える目覚めの1杯
小説家・フランス文学研究者 小野正嗣さん

朝いちばんに飲むのは、1杯のコーヒーとクッキーやチョコなど甘いものという小野正嗣さん。フランス留学時代がきっかけで朝にコーヒーを飲むことが習慣化し、日々教鞭をとる大学の研究室、書店イベント前など小野さんは常にコーヒーとともにあることが日常のようだ。そして、インスタントコーヒーの原風景は出身地・大分県での青春時代。芥川龍之介賞受賞作品『九年前の祈り』執筆中にも意識していたという今は亡き兄とともにあった。

Interview

小説家・フランス文学研究者 小野正嗣さん

コーヒーはどんなときに飲まれるのでしょう?

小野まず、朝の1杯。空っぽの胃にクッキーやチョコなど甘いものと合わせて飲むと、エネルギーが体全体に行き渡る感じがします。最近は朝と昼、午後の3杯に抑えるようにしていますが、多いときは1日5~6杯は飲んでいました。朝起きてすぐコーヒー、夜も仕事中はコーヒー。飲んだからといって、眠れなくなる体質ではありませんから。ほかに書店やイベントなど人前に出るときも飲みます。水やお茶でもいいのですが、イベント前には気合を入れるためにコーヒーを飲みたいですよね。用意された飲みもののラインナップを見て水やお茶ばかりだと、つい「コーヒーありませんか?」と聞いちゃいます。コーヒーは飲むと目が覚める、僕にとってカツを入れるための飲みものですから。と、言いながらも、イベントや緊張する場面が終わった後も、飲んでますけどね。ホッとひと息ついたときも。

小説家・フランス文学研究者 小野正嗣さん

文学祭で海外を訪れる機会も多いと思います。そのときはどうされてますか?

小野滞在するホテルの部屋に入ったら、まずインスタントコーヒーが備えられているか確認します。僕は朝起きたら、すぐにコーヒーを飲みたいんです。もちろん、朝食をとりにレストランに行けばコーヒーは飲めますが、最初の1杯は部屋で飲みたい。だから、部屋にスティックタイプのインスタントコーヒーがあるのを見つけるとホッとしますし、そのときほどありがたみを感じることはないです。それに、スティックタイプのインスタントコーヒーだと自分好みの濃さに調節できるのもいい。目を覚ますためにも朝の1杯は濃いほうがいいので、規定よりもお湯を少なめに入れて溶いて飲みます。インスタントコーヒーは、旅先や場所を選ばず楽しめるのでいいですね。

そこまでコーヒーを愛飲しはじめたきっかけを教えてください。

小野フランス留学時代、住んでいた家のご主人のクロードさんが、「コーヒーがないと1日がはじまらない」人だったからだと思います。それまではコーヒーは喫茶店で友だちと飲むものでした。それがフランスに留学してから、家で毎朝コーヒーを飲んで頭を働かせることが習慣になったと思います。そういえば、僕が旅行に行くときに彼が「朝コーヒーを飲めないと困るだろう」とインスタントコーヒーを持たせてくれたこともありましたね。

小説家・フランス文学研究者 小野正嗣さん

ほかにインスタントコーヒーの思い出はありますか?

小野東京での大学や大学院生時代は、親がお中元で届いたインスタントコーヒーを送ってくれたので、それを飲んでいましたね。でも、インスタントコーヒーというと思い出すのは兄のこと。兄はコーヒーが大好きで、銘柄にこだわりもなく、家にあるインスタントコーヒーを普通の湯呑で飲んでいました。兄は数年前に46歳で亡くなりましたが、今でも実家の両親は毎朝いちばんに、湯飲みに入れたインスタントコーヒーを仏壇に供えています。高校生のころ、僕にとってコーヒーはただ苦いもので、しかも甘いものも好きではなかったから、インスタントコーヒーに砂糖を入れて飲んでいる兄を見て、「よく飲めるなぁ」と思っていたものです。それが、いまや仕事をはじめる前や小説を書きはじめる前に1杯と、気合を入れる飲みものに。僕の日常にないと困る飲みもののひとつが、コーヒーです。

Afterword

小説家・フランス文学研究者 小野正嗣さん
研究室で愛用しているカップは、出演中の『日曜美術館』の取材で訪ねた作家さんが作られた作品で、その場で買わせていただきました。ほどよい重さで手になじむところが気に入っています。
小説家・フランス文学研究者 小野正嗣さん
フランス留学8年間のうち、5年間暮らしたオルレアンのクロードさんとエレーヌさん夫婦の家です。キッチンからこんな庭の風景を眺めながら、クロードさんと文学や芸術について朝から話していました。
小説家・フランス文学研究者 小野正嗣さん

Profile小野正嗣さん

大分県出身。小説家・フランス文学研究者。
『水に埋もれる墓』で朝日新人文学賞、『にぎやかな湾に背負われた船』で三島由紀夫賞、『九年前の祈り』で芥川龍之介賞受賞。訳書に『アイデンティティが人を殺す』(アミン・マアルーフ)、『三人の逞しい女』(マリー・ンディアイ)がある。2018年より『日曜美術館』(NHK)にキャスターとして出演。現在は早稲田大学の教授もつとめる。

Archive

小説家・フランス文学研究者 小野正嗣さん

自分好みの濃さで楽しむインスタントコーヒー
執筆活動を支える目覚めの1杯

小説家・フランス文学研究者 小野正嗣さん
くわしくはこちら

アルパインクライマー・山岳カメラマン 平出和也さん

インスタントコーヒーは未踏ルートに挑み
山から生きて帰るための選択

アルパインクライマー・山岳カメラマン 平出和也さん
くわしくはこちら

格闘家・BRAVE主宰 宮田和幸さん

レスリングと格闘技の現役時代、減量と集中力を支えたインスタントコーヒー
格闘家・BRAVE主宰 宮田和幸さん
くわしくはこちら

山岳カメラマン 宮下秀仁さん

北アルプスの山々を撮影した後の極上の一杯で心身ともにほっとひと息
山岳カメラマン 宮下秀仁さん
くわしくはこちら

女優 鷺沼恵美子さん

舞台の稽古中にインスタントコーヒーで深呼吸とともに頭も心もリフレッシュ
女優 鷺沼恵美子さん
くわしくはこちら

ネイチャーフォトグラファー 柏倉陽介さん

自然のなかでゆったり過ごすために欠かせないインスタントコーヒー
ネイチャーフォトグラファー 柏倉陽介さん
くわしくはこちら

コーヒーアート 藤原英樹さん

自分らしい絵を模索してたどり着いた画材としてのインスタントコーヒー
コーヒーアート 藤原英樹さん
くわしくはこちら

ダイビングインストラクター 藤原歩さん

ダイビング後のインスタントコーヒーが海中で冷えた体を中から温める
ダイビングインストラクター 藤原歩さん
くわしくはこちら

料理研究家・ビューティーレシピスト 松見早枝子さん

ひとつまみ加えるだけで味の幅が出るインスタントコーヒーのほろ苦さ
料理研究家・ビューティーレシピスト 松見早枝子さん
くわしくはこちら

森の演出家 土屋一昭さん

自然の中でいただく黒みつの甘さが体に染み渡るインスタントコーヒー
森の演出家 土屋一昭さん
くわしくはこちら

トラベルジャーナリスト 寺田直子さん

インスタントコーヒーは海外取材中にひと息つくために欠かせない飲み物
トラベルジャーナリスト 寺田直子さん
くわしくはこちら