インスタントコーヒーの楽しみ方HOW TO ENJOY COFFEE

いつでもどこでも・あの人流

ダイビング後のインスタントコーヒーが海中で冷えた体を中から温める

ダイビング後のインスタントコーヒーが
海中で冷えた体を中から温める
ダイビングインストラクター 藤原歩さん

東京都国分寺市でダイビングショップを営む、藤原歩さん。ダイビングインストラクターとして、ライセンス取得の海洋レッスンの生徒や主催するツアーのゲストとともに海へ行くときに、”インスタントコーヒー”のセットを必ず持っていくそうです。ダイビングの後、海風に吹かれながらのコーヒーブレイクの魅力を語っていただきます。 

Interview

藤原さん主催のツアーに参加するゲストへのサービスのひとつに、インスタントコーヒーの提供があるそうですが、いつから始めたのでしょうか?

藤原13〜14年くらい前ですね。キッカケはタンブラーが発売されたことでした。ダイビングのために海へ行くときは車で行くのですが、タンブラーは紙コップと違って、車内で飲むときもこぼれませんから。当時はツアーなどに参加するゲストの名前と海の生き物のイラストを描いた、オリジナルペーパーを作ってタンブラーに入れていました。実は目印をつけておかないと、誰のタンブラーかわからなくなるから始めたことですが、嬉しいことにそのペーパーを持ち帰ってくださる方もいましたね。最近はステンレス製の魔法瓶の種類が豊富になったので、タンブラーから変更。オリジナルシールを貼ってゲストに渡しています。

ダイビングインストラクター 藤原歩さん

インスタントコーヒーをサービスするのは主に海へ潜った後だそうですが、提供する飲み物をコーヒーに決めた理由を教えてください。

藤原ダイビングで使うタンクの空気は、冷えています。海に潜っている間の40分〜50分くらい、その冷えた空気を吸い続けるので内臓も冷えてしまうんですね。それで体の中から温める必要があって、まず温かい飲み物を提供しようと思ったんです。ならば僕の好きなコーヒーがいい、と。僕自身、食事の後にコーヒーを飲まずにいられないくらい好きなんですよ。でも、ひとりで飲むわけにはいかないので、ゲストの皆さんにコーヒーサービスをするようになりました。屋外で提供するので使うのはインスタントコーヒーですね。利便性の高さ、そして瓶1本ですむというコンパクトさがいいです。甘いコーヒーを好むゲストには、砂糖やミルクが入っているスティックコーヒーを便利に使わせてもらっていますね。現地へ移動する車にはダイビング器材を積むので、レギュラーコーヒーを外で淹れるためのセットと人数分のタンブラー、さらに砂糖やミルクも準備するともなると、トランクに荷物が入りきりませんから。

ダイビングインストラクター 藤原歩さん

インスタントコーヒーのサービスを受ける、ゲストの皆さんの反応はいかがでしょう?

藤原コーヒーセットを忘れるとブーイングが起きるくらい、常連のゲストには定着していますね。ダイビングは1日2回潜るのが一般的なんですが、1回目と2回目の間や終わった後、「海を見ながら飲むホットコーヒーはいいよね」とゲストもよく話してくださいますね。僕自身、コーヒーを飲まないと間にとる昼食が終わった気がしませんし、コーヒーの香りをかぐと海中をガイドした緊張をほぐしてリラックスしますから、やっぱりダイビングにコーヒーはなくてはならないと思いますね。


ダイビングインストラクター 藤原歩さん

ところで、それほどコーヒーが好きであれば、日常的にたしなむのは。レギュラーコーヒーのほうなんでしょうか?

藤原ショップにお客様が訪れたりしたときは、コーヒー豆を挽いてお出ししますが……ひとりだと、その手間を面倒に感じてしまうので海以外でもインスタントコーヒーを飲む機会が多いですよ。実は初めてダイビングをしたのがワーキングホリデーで行ったオーストラリアのシドニーで、22歳のころ。そこでダイビングに魅了されて、帰国後はインストラクターを目指しました。そのとき、喫茶店でアルバイトをしていたので、コーヒー豆を挽くことは慣れているのですが、ひとりのときはインスタントコーヒーが多いかもしれません。飲みたいときにすぐ飲めますから。手軽で利便性が高いことが、インスタントコーヒーの魅力ですよね。

Afterword

藤原さんが描いたオリジナルのイラスト
海の生き物をモチーフにしたシールは、イラストも好きで手がけるという藤原さんが描いたオリジナルのイラスト。色違いやデザイン、イラスト違いで4〜5種類用意されている。
インスタントコーヒーセットのボックス
いつも持っていくインスタントコーヒー、ポット、タンブラーが入るインスタントコーヒーセットのボックス。コンパクトにまとめて、機材が多いダイビングツアーでも機動性高く持ち運べるようにしている。
ダイビングインストラクター 藤原歩さん

Profile藤原歩さん

今年でオープン17年目の東京国分寺のダイビングショップ『DREAMWORKS』のオーナー兼インストラクター。ライセンス取得や、伊豆など東京近郊から伊豆諸島、また海外にいたるまでダイビングツアーを主催している。
『DREAMWORKS』http://www.dreamworks-ds.net/

Archive

宮下秀仁さん

北アルプスの山々を撮影した後の極上の一杯で心身ともにほっとひと息
宮下秀仁さん
くわしくはこちら

鷺沼恵美子さん

舞台の稽古中にインスタントコーヒーで深呼吸とともに頭も心もリフレッシュ
鷺沼恵美子さん
くわしくはこちら

ネイチャーフォトグラファー 柏倉陽介さん

自然のなかでゆったり過ごすために欠かせないインスタントコーヒー
ネイチャーフォトグラファー 柏倉陽介さん
くわしくはこちら

コーヒーアート 藤原英樹さん

自分らしい絵を模索してたどり着いた画材としてのインスタントコーヒー
コーヒーアート 藤原英樹さん
くわしくはこちら

ダイビングインストラクター 藤原歩さん

ダイビング後のインスタントコーヒーが海中で冷えた体を中から温める
ダイビングインストラクター 藤原歩さん
くわしくはこちら

料理研究家・ビューティーレシピスト 松見早枝子さん

ひとつまみ加えるだけで味の幅が出るインスタントコーヒーのほろ苦さ
料理研究家・ビューティーレシピスト 松見早枝子さん
くわしくはこちら

森の演出家 土屋一昭さん

自然の中でいただく黒みつの甘さが体に染み渡るインスタントコーヒー
森の演出家 土屋一昭さん
くわしくはこちら

トラベルジャーナリスト 寺田直子さん

インスタントコーヒーは海外取材中にひと息つくために欠かせない飲み物
トラベルジャーナリスト 寺田直子さん
くわしくはこちら