インスタントコーヒーの楽しみ方HOW TO ENJOY COFFEE

家で楽しむ外で楽しむインスタントなら場所を選ばない

インスタントコーヒーはレギュラーコーヒーと違い、時間も場所も選びません。
例えば外出先でコーヒーを楽しむことも可能です。
もちろん、家でも準備や時間に追われることなく手軽に楽しんでいただけます。
家での楽しみ方・外での楽しみ方をそれぞれご紹介します。

家で楽しむ

テーブルにおいてるコーヒー

インスタントコーヒーはレギュラーコーヒーのように 抽出の為の時間や、道具が必要ありません。 サッとお湯を注ぐだけで召し上がれるので、忙しい朝に片づけや時間を気にせず、コーヒーを楽しんでいただけます。

外で楽しむ

外のコーヒー

必要なものはインスタントコーヒーの粉とお湯だけなので屋外でも簡単にコーヒーを楽しんでいただけます。 例えばご友人とお出かけした際に、ホッとくつろぎながら楽しいひと時を過ごしてみるのもいいかもしれません。

いつでもどこでも・あの人流

インスタントコーヒーは家で飲むだけではなく、アウトドアやお菓子に使うなどシーンや用途を問わない手軽さがあります。
ライフスタイルにインスタントコーヒーを取り入れ、嗜んでいる方々にその楽しみ方をお伺いするインタビュー連載。

仕事の手を止めずに好みの味を楽しめる
“心の潤滑油”インスタントコーヒー

演芸写真家・橘 蓮二さん
くわしくはこちら

Back Number

クリエイティブの “エンジンオイル”であり
映画では登場人物の心模様を映す小道具にも

映画監督・内田英治さん
 

『ミッドナイトスワン』 (C)2020 Midnight Swan Film Partners

くわしくはこちら

寝起きと休憩の「小さなご褒美」を
共に過ごすための人生の相棒

落語家・柳亭小痴楽さん
くわしくはこちら

集中力を使うトライアルレース終了後
疲れを癒やす、インスタントコーヒーの甘さ

トライアルライダー・小玉絵里加さん
くわしくはこちら

カフェインレスコーヒーのおかげで妊娠中も
朝飲むコーヒーの楽しみを続けられる

建築家・岡野道子さん
くわしくはこちら

国立科学博物館 標本資料センター コレクションディレクター(兼)分子生物多様性研究資料センター長。博士(Ph.D) 真鍋 真さん

厳しい環境で行う恐竜の化石発掘調査は
インスタントコーヒーで食後の“リセット”を

国立科学博物館 標本資料センター コレクションディレクター
(兼)分子生物多様性研究資料センター長。博士(Ph.D) 真鍋 真さん
くわしくはこちら

小説家・フランス文学研究者 小野正嗣さん

自分好みの濃さで楽しむインスタントコーヒー
執筆活動を支える目覚めの1杯

小説家・フランス文学研究者 小野正嗣さん
くわしくはこちら

アルパインクライマー・山岳カメラマン 平出和也さん

インスタントコーヒーは未踏ルートに挑み
山から生きて帰るための選択

アルパインクライマー・山岳カメラマン 平出和也さん
くわしくはこちら

格闘家・BRAVE主宰 宮田和幸さん

レスリングと格闘技の現役時代、
減量と集中力を支えたインスタントコーヒー

格闘家・BRAVE主宰 宮田和幸さん
くわしくはこちら

山岳カメラマン 宮下秀仁さん

北アルプスの山々を撮影した後の
極上の一杯で心身ともにほっとひと息

山岳カメラマン 宮下秀仁さん
くわしくはこちら

女優 鷺沼恵美子さん

舞台の稽古中にインスタントコーヒーで
深呼吸とともに頭も心もリフレッシュ

女優 鷺沼恵美子さん
くわしくはこちら

ネイチャーフォトグラファー 柏倉陽介さん

自然のなかでゆったり過ごすために
欠かせないインスタントコーヒー

ネイチャーフォトグラファー 柏倉陽介さん
くわしくはこちら

コーヒーアート 藤原英樹さん

自分らしい絵を模索してたどり着いた
画材としてのインスタントコーヒー

コーヒーアート 藤原英樹さん
くわしくはこちら

ダイビングインストラクター 藤原歩さん

ダイビング後のインスタントコーヒーが
海中で冷えた体を中から温める

ダイビングインストラクター 藤原歩さん
くわしくはこちら

料理研究家・ビューティーレシピスト 松見早枝子さん

ひとつまみ加えるだけで味の幅が出る
インスタントコーヒーのほろ苦さ

料理研究家・ビューティーレシピスト 松見早枝子さん
くわしくはこちら

森の演出家 土屋一昭さん

自然の中でいただく黒みつの甘さが
体に染み渡るインスタントコーヒー

森の演出家 土屋一昭さん
くわしくはこちら

トラベルジャーナリスト 寺田直子さん

インスタントコーヒーは海外取材中に
ひと息つくために欠かせない飲み物

トラベルジャーナリスト 寺田直子さん
くわしくはこちら